カーテンを洗濯して香りでリフレッシュ!

c689702f3cf328411d40a49ba95ca7f2_m

子供と一緒に家の中にこもっていると、

子供を叱ったり、ワガママ言われてイライラしたり、

そんなイヤな気分がなかなか晴れないですよね?

特にこんな梅雨の時期は、なかなか外出もしづらいし、

天気も気分もどんよりしがち。

そんな時に私がやってるのが、

部屋のカーテンの一斉洗濯です!

カーテンだと、洗濯のあと、またカーテンレールに吊るしておけば勝手に乾くので、

お外に干しづらい梅雨の時期にもオススメ!

スポンサーリンク

カーテン一斉洗濯でお部屋がステキな香りにつつまれる♡

b98da4d1ab318df36014edfa3ad48d79_m

部屋のカーテンを一気にお洗濯して、カーテンレールに吊るしておくと、あら不思議!

むちゃくちゃ良い香りが部屋に広がります♡

単なる洗剤の香りなんですが、部屋全体のどんよりした雰囲気が一新される感じ!

しかもカーテン洗濯という一大仕事をやってのけた、

やり切った感、スッキリ感もなかなかです!

お好みの洗剤や柔軟剤を入れて洗濯すると、より良い香りを楽しめますよ。

お掃除+気分のリフレッシュと、カーテン一斉洗濯には良いことばかり!

ただし、いくつかの注意点もありますので、要チェックです!

カーテンを洗濯するときの注意点

59a91c8e4b7c20cb92fedb8083dd5de6_m

お手軽に部屋をリフレッシュできて、気分も晴れやかになるカーテンの洗濯ですが、

いくつかの注意点があります。

これを守らないと、悲惨なことに・・・。

①水洗いがOKかどうかを確認!

まずは、カーテンのタグに付いている取り扱い表示をチェック!

「洗濯機マーク」か「手洗いマーク」が付いていたら、水洗いができます。

それ以外のカーテンを水洗いしてしまうと、縮んだり厄介なことになりますのでご注意を!

②取り扱い表示に「中性」とあるものは洗剤に注意!

そして、その取り扱い表示に「中性」と書かれているものは、

使えない洗剤があるんです!

この表示があって無難に使える洗剤は、いわゆる「おしゃれ着洗い用」の洗剤です。

③脱水時間は短めに!

通常の洗濯コースでは、脱水時間が長すぎて、洗濯じわの原因になる可能性があります!

これを防ぐためには、脱水時間を30秒くらいの「短時間」に設定するとよいですよ!

④梅雨時は、生乾き防止の洗剤をチョイス!

お外に干さずに、そのままカーテンレールに干せるので、

梅雨時でもカーテンの一斉洗濯はできるのですが、

気になるのが、ジメジメした季節の生乾きの臭い!

しかし、そんな生乾きの原因である菌を防ぐ洗剤は、多く販売されていますので、

これを活用してみてくださいね!

この4つの注意点を守ってみてくださいね!

お家で洗えるタイプのカーテンだと、お手入れも簡単ですし、

こんな風にお部屋のリフレッシュにも役立ちます!

ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク