アロマ温湿布でイライラ・PMSなど女性特有のお悩みを解決!

15006c5dc132ef13500c614ba09a9584_m

生理前になると、無性にイライラしませんか?

私自身もビックリするほどイライラしたり、突然無気力になってしまったり。

なかなか自分の力ではコントロールできないのが辛いところですよね。

なぜこのような目に・・・なんて、若干悲観気味になったり。。

できることなら治まって欲しい、そんな女性特有の辛いお悩み、

実はアロマ(精油)で解決できることがあるんです!

今回は、そんなアロマの力を引き出し、

女性のお悩みを解決する方法をご紹介いたします!

スポンサーリンク

PMSによるイライラ感にはこのアロマを!

a6655b82d4fadc30eb2ff0f17e36d7fa_m

PMS(月経前症候群)は生理の始まる前の7〜10日ほどの間に、

様々な身体症状が現れると同時に、

心理的にもイライラとしてしまったり、落ち込み気味になったり、

ひどい場合はうつ状態にまでなる場合がある、

女性にとって、なかなか辛い症状です。

このイライラ感や落ち着かない感じ、不安感を解消するのに役立つアロマは、

ラベンダーローズオットー、レモン、ゼラニウム、フランキンセンス、

ネロリティートリー、スイートマジョラムなどが挙げられます。

これらのアロマには気持ちを落ち着ける作用がありますので、

PMSのイライラ感を抑えたいときにピッタリです。

生理痛・生理不順にはこのアロマ!

3892dc643c2aba6cb5fb4ad48871bae0_m

PMSも精神的にキツイものがありますが、

生理痛・生理不順もなかなかやっかいですよね!

これらを和らげてくれるアロマもたくさんありますのでご紹介いたします!

生理に関するトラブルには、

ジュニパーベリーゼラニウムラベンダーイランイラン

ローズオットークラリセージなどが挙げられます。

クラリセージには、ホルモンの調節作用があったり、

ローズオットーには、特に生殖器系に対する強壮作用がありますので、

こういった生理にまつわるトラブルに役立ちます!






どうやって使う?オススメは温湿布法!

9bdcc420900b07da3e7d0c8e537f06c8_m

オススメのアロマをご紹介しましたが、

じゃあどうやって使うんだ!と思いますよね?

アロマオイルの使い方は、一般的なのが「芳香浴法」と呼ばれる、

アロマポットを使ってお部屋の中にアロマの香りを広げるものや、

ハンカチ・ティッシュにアロマを垂らし、それを嗅ぐ方法があります。

もちろんこの芳香浴法も効果的ですが、

よりアロマオイルのもつ作用を引き出すためにオススメしたいのが、

「温湿布法」と呼ばれる使い方です。

その名の通り、湿布状にして、体に直接貼るのです!

〈アロマ温湿布の方法は?〉

5b9b08a258eeb489c8fe802c86539155_m-1024x768

やり方はいたって簡単です!ご用意いただくものは、

・上記のアロマオイル

・タオル(薄手がオススメ)

・洗面器

・お湯

になります。

洗面器にお湯を入れ、その中にアロマオイルを1〜3滴落とします。

その中にタオルを入れてお湯を含ませます。

これをしっかり絞って、体に直接当てます。

これがアロマオイルの「温湿布法」になります。

〈温湿布はどこに貼るの?〉

c9afe570e5ff6df7ee57a9019688f997_l

この温湿布がご用意できましたら、体に当てます。

PMSや生理痛・生理不順など、生理にまつわるトラブル解消のために、

効果的な貼る箇所は、恥骨の上あたり、

もしくは、仙骨と呼ばれる腰とお尻の間あたりがオススメです。

じんわりと温かいタオル+精油の効果で、女性特有のお悩みを癒してくれます。

〈アロマ温湿布の注意点〉

温湿布を貼るときの注意点としては、

・タオルが冷たくなったら早めに外すこと

・妊婦さんや持病がありお薬を飲んでいる方は行わない

・まずは、パッチテストをしてお肌にトラブルが起きないか確認する

・不快な症状が現れた場合はすぐに中止する

・レモンなどの柑橘系の精油には光毒性がありますので、

 使用後の外出時には紫外線に当たらないように気をつける

この5つに注意してくださいね!

いかがでしたでしょうか?

アロマの香りを嗅ぐだけでも結構心が癒やされますが、

温湿布にして直接体に貼り付ける方法も是非試してみてくださいね!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。