ハーブティーで解決!不眠や寝付きの悪さに効くブレンドレシピ3選

不眠症で悩んでいる方は、現在なんと5人に1人だそうです! 筆者もそのうちの1人で、さまざまな方法を試しているところです。

なんとなく寝付きが悪い、不眠症気味で、薬に頼るとまではいかない場合、悶々とした夜を過ごしてしまいますよね。

そんなときにピッタリのハーブティーがあるってご存知でしたか?

今回は、不眠症や寝付きの悪さを緩和してくれるハーブのブレンド、そしてそのハーブを使ったレシピをご紹介いたします。

スポンサーリンク

不眠症や寝付きの悪いときにピッタリのハーブ3種♡

chamomile-829220_640

まずは、不眠や寝付きの悪い時に使いたいハーブはこれです!

①カモミール

ヨーロッパでは古くから不眠症や神経痛の治療に使われてきたカモミール。その作用には、鎮静・消化促進・消炎などがあります。

不眠といえば、このハーブ!と言われる有名なものです。

②バレリアン

クセのある香りのハーブですが、、カモミールと共に古くから鎮静作用があることが知られていました。かつては精神安定剤として使われていたことも!

筋肉の緊張なども解きほぐしてくれるハーブですので、不安や緊張で固まった体をゆるりとし、心地良い睡眠に導いてくれるハーブになっています。

③ラベンダー

アロマオイルとしても、不眠にピッタリなラベンダーですが、ハーブになっても、その効能は折り紙つき!

鎮静作用があり、心を落ち着かせてくれ、リラックスしながら眠りに入ることができますよ。

以上が不眠の時にまずは試していただきたいハーブになります。

不眠症・寝付きの悪さが気になる時のオススメブレンドレシピ

①カモミール✕ステビアのブレンドハーブティー

cup-829527_640

まずはスタンダードなブレンドから!

〈材料 1杯分〉

・カモミール…ティースプーン1杯

・ステビア…ティースプーン1/2杯

カモミールは上記の通り、不眠にピッタリなハーブです。そして、ステビアにも鎮静作用がありますので、シンプルなブレンドハーブティーなら、この組み合わせが◎

夕食後やお風呂あがりに入れて飲みましょう!

なんとステビアは砂糖の200倍もの甘みがあるそうですが、砂糖よりも低カロリーですので、甘みが欲しいときにオススメのハーブになります。

甘みが足りないときはちょっと量を増やし、甘すぎる時は量を減らす、といった感じで、お好きな味を見つけてみてくださいね!ミルクを加えても◎

②不安感が強い時はカモミール✕ホップ✕ラベンダー

hop-vines-409870_640

ホップのハーブにはカモミールと同様に、心を鎮めて安眠へと誘う作用があります。尖った神経を鎮める鎮静作用に優れていると言われています。

〈材料 1杯分〉

・カモミール…ティースプーン1杯

・ホップ…ティースプーン1/2杯

・ブルーマロウ…ティースプーン1/2杯

・ラベンダー…ティースプーン1/3杯

この4つのうち、カモミール・ホップ・ラベンダーは不眠時に特にオススメのハーブになります。

これに、時間が経つと色が変わるブルーマロウを入れて、ティーターイムを楽しんでみてくださいね!

③リラックスして眠りたい時はバレリアン✕ローズ

04456x

バレリアンは上記でも紹介したように、不眠時にオススメのハーブですが、いかんせん、味がちょっと微妙なのです。。

そこで、他の香り・味が良いハーブをブレンドすることで、おいしくそして安眠効果を得ることができますよ!

〈材料 1杯分〉

・バレリアン…ティースプーン1/5杯

ローズ…ティースプーン1杯

・リンデン…ティースプーン1/2杯

・レモンバーム…ティースプーン1/2杯

このように、ローズをブレンドすることによって、飲みにくいバレリアンが花の様な香りに大変身!飲みやすく、そして安眠へと誘ってくれますよ!

以上が、不眠時・寝付きの悪い時にオススメのハーブのブレンドティーになります。

好みの味は人それぞれですので、上記のブレンドを参考に、お好きな配合を見つけてみるのも楽しいですよ!

そして、おいしいハーブティーの淹れ方はコチラから♡

ハーブティーで癒しの効果を取り入れる♡4つのポイント>

それでは良いティータイムになりますように!!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。