アロマオイル紹介 〜カモミール・ローマンの特徴・効能・効果〜

カモミール・ローマンの効果や香りの特徴、オススメの使い方、相性の良いアロマオイルをご紹介致します。

スポンサーリンク

カモミール・ローマン 〈Chamomile Roman〉

944ff53035657755dbfdb83075e95145_s

母のように優しい香りを持ちハーブティーなどに使われている菊科のハーブです。

カモミール・ジャーマンとくらべて心を安定させるエステル類の成分が多く、ゆったりと甘く安らぎを与えてくれ、作用も穏やかなため大人から子供まで幅広い人に使いやすいという特徴があります。

香りには鎮静作用があり、不安を解消してくれるほか安眠効果期待できます。その他、頭痛や歯痛、腹痛など痛み全般に対して緩和効果があり、また更年期障害にも効果があります。さらに、蕁麻疹やアトピーなどの症状の緩和にも有効と言われています。

カモミール・ローマンの香りの特徴

優しく安らぎを与えてくれる甘くフローラルな香りが特徴です。よく”焼きリンゴ”のような香りと言われている精油です。

カモミールローマンはその優しく華やかな香りから、癖もなく万人に受け入れられやすく、初心者向けのアロマオイルとして有名です。

カモミール・ローマンの作用

〈心に対する作用〉

鎮静作用のあるエステル類の成分を多く含んでいるため、中枢神経を麻痺させることで心を安定させる効果があります。

大きな悲しみやショックなどの感覚を麻痺させることができます。

〈体に対する作用〉

頭痛や歯痛、腹痛などのあらゆる痛みの諸症状の緩和に効果があります。

通経作用があり、月経不順や更年期障害などの心身の不和や婦人科疾患にも効果的です。

さらに、炎症やアレルギーに対する作用があり、アトピーなどにも有効です。皮膚の再生を促すことでシミやソバカスなどにも効果があります。

カモミール・ローマンのオススメの使い方

〈ストレスが溜まっていると感じる時に〉

カモミール・ローマンは心身の不調を緩和する効果に優れており、ストレスで心が思い時や自暴自棄に陷ってしまった時などに利用するのが効果的です。

おすすめは芳香浴です。就寝前にローマンの香りで心も体も優しく労ってあげることで心身のバランスを整えることができます。

〈不眠・寝付きが悪い時に〉

不眠にも効果がありますので寝付きが悪い、眠れないという人もローマンをハンカチに1滴たらして枕元においてみるのをおすすめします。



使用するときの注意点

あまり高濃度で使用すると吐き気や頭痛の原因となりますので注意が必要です。

妊婦さんの場合、子宮の収縮につながる可能性が避けた方が良いでしょう。

また、睡眠薬や向精神薬などとの併用は避けて下さい。

相性の良いアロマオイル

カモミール・ローマンと相性の良い精油は以下になります。

柑橘系全般

ラベンダー

クラリーセージ

ゼラニウム

ネロリ

イランイラン

・ローズ

などがあげられます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク