ジュニパーベリーの精油を期限内に使い切る!7つのシーン別活用方法

せっかく買ったジュニパーベリーの精油、買ったはいいものの余っていませんか?

精油には使用期限がありますので、それを過ぎてしまうと十分な効果が得られなくなってしまったり、香りの質が低下してしまうんですよ!

そこで今回は、ジュニパーベリーを使用期限内に使い切るべく、7つのシーン別で使える活用方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

風邪のひき始めに

【活用法】

・マグカップにお湯とジュニパーベリーの精油を1滴入れ、ゆっくり鼻と口から香りを吸入する

ジュニパーベリーには殺菌作用・消毒作用がありますので、鼻やのどを浄化してくれ、鼻水や咳を楽しにしてくれますよ。

夏バテで体が疲れている時に

【活用法】

・オイルウォーマーにジュニパーベリーの精油3滴とペパーミントの精油2滴を落とし、芳香浴をする

ペパーミントを加えると刺激がやや強めの香りになり、疲れた体と心を目覚めさせてくれます。このブレンドオイルには強壮作用もありますよ。

二日酔いの時に

【活用法】

・天然塩大さじ1杯にジュニパーベリーベルガモットローズマリーの精油をそれぞれ1滴ずつ加えてバスソルトを作り、じっくり半身浴を行う

この3つの精油をブレンドすると、優れた利尿作用が得られます。コレをバスタブに入れて半身浴をすることで、体内のアルコールを早めに排出することができ、二日酔いを和らげてくれますよ。

むくみが気になる時に

【活用法】

・キャリアオイル30mlにジュニパーベリーローズマリーの精油をそれぞれ3滴ずつ加え、ボディオイルを作り、むくみが気になるところをマッサージする

※ボディオイルの詳しい作り方はコチラ>

ジュニパーベリーローズマリーの精油をブレンドしてその優れた利尿作用を利用しましょう! 老廃物の排出を促しますので、むくみが解消されやすくなりますよ。

筋肉痛で辛い時に

【活用法】

キャリアオイル30mlにジュニパーベリーの精油を2滴、ユーカリの精油を1滴、レモンの精油を3滴加えてボディオイルを作り、筋肉痛が辛いところに塗ってマッサージをする

※ボディオイルの詳しい作り方はコチラ>

これらの精油には痛みを抑える作用がありますので、筋肉痛が辛いところに塗ってマッサージすると、痛みが少しずつ和らいでいきますよ。

脂性肌をどうにかしたい時に

【活用法】

・精製水45mlと無水エタノール5ml、ジュニパーベリーの精油1滴、ラベンダーの精油2滴を使って、化粧水を作る

※アロマ化粧水の詳しい作り方はコチラ>

ジュニパーベリーには収れん作用と洗浄作用がありますので、脂性肌のお手入れにピッタリです。作った化粧水はスプレーに入れて朝晩のお手入れ時にたっぷりと使いましょう! 徐々にお肌が引き締まってきますよ。

タバコの臭いを消したい時に

【活用法】

・精製水25ml、無水エタノール5ml、ジュニパーベリーの精油4滴、ベルガモットの精油2滴を使って、消臭スプレーを作る

まずは無水エタノールに精油を加え、しっかり混ぜあわせたあとに精製水を加えます。そうすると消臭作用バッチリのスプレーが出来上がります。

ジュニパーベリーはタバコの臭いを消すだけでなく、浄化作用もありますので、気分までリフレッシュできますよ!

以上がジュニパーベリーの精油を使い切るための、心と体の7つのシーン別活用方法になります。余らせたらもったいないけど使い道が分からない時は是非参考にしてみてくださいね!

※身体や顔に精油を使う場合は、必ずパッチテストを行ってから!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。