フローラルウォーター紹介 〜カモミールジャーマンウォーターの特徴・効能・効果〜

カモミールジャーマンウォーターの効果や香りの特徴、オススメの使い方をご紹介致します。

スポンサーリンク

カモミールジャーマンウォーターの特徴・効能

0ab5d38c68604e9973edd954d748032e_m

リンゴに似た甘い香りからギリシャ語で”大地のリンゴ”と言われ、民間療法として用いられてきたカモミール。ハーブの代表格とも言えるカモミールの香りには非常に強い鎮静効果がありうつ病などの治療にも用いられています。

また、抗炎症作用に優れ、肌のトラブルにも効果的に働きかけてくれます。特にブルーの色が特徴であるカモミール・ジャーマンには他のカモミールに比べて”カマズレン”という成分が豊富に含まれています。

カマズレンは肌の炎症を抑えるだけでなく、皮膚のかゆみや肌荒れなどの痛みを抑え、肌の再生化を促してくれます。

近年では美白成分””カモミラET”も発見されシミなどの予防にも効果があることがわかってきました。

カモミールジャーマンウォーターの香りの特徴

ごくごく弱いリンゴのような甘い香りの中に、干し草のような香ばしい香りがします。ハーブ特有のツンとした香りもほのかにあります。

カモミールジャーマンウォーターの作用

〈体に対する作用〉

中枢神経に働きかけ、ひどく落ち込んだ気持ちを安静にし安心感をもたらしてくれます。

またストレスからくる不眠に効果的に働きかけ、寝付きを良くし安眠へと導いてくれます。

〈お肌に対する作用〉

強い抗炎症作用があるためニキビや肌荒れなどのお肌のトラブルに効果的に働きかけ、またそれらの炎症からくる痛みを和らげます。

また、カモミールジャーマンウォーターに含まれる”カマズレン”という成分がお肌の再生化に働きかけ、傷ついてしまった皮膚の再生化を促しクリアな素肌へと導いてくれますよ。

カモミールジャーマンウォーターのオススメの使い方とその効果

〈スキンケアに〉

数あるカモミールの中でもカマズレンというスキンケアにすぐれた成分が多く含まれているのがカモミールジャーマンウォーターです。

そしてカモミールの特徴は敏感肌や乾燥肌など肌が弱い人でも使えるという点も特徴的です。そのためアトピー性の皮膚炎にも使いたいフローラルウォーターの1つになります。

また、フローラルウォーターの場合はオイルよりも効果がマイルドですので子供のお肌のトラブルにも使いやすいフローラルウォーターです。

おすすめの使用方法はお風呂あがりのお肌にたっぷりと化粧水を含ませて肌に浸透させるハンドプレスです。

〈エイジングケアに〉

肌の老化に効果のあるローズウッドを少し足すと香りが落ち着きエイジングケア効果も高まります。

お肌に付けたあとは、蒸発しないようにしっかりと乳液などで蓋をするのを忘れないようにしましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク