フローラルウォーター紹介 〜セージウォーターの特徴・効能・効果〜

セージウォーターの効果や香りの特徴、オススメの使い方をご紹介致します。

スポンサーリンク

セージウォーターの特徴・効能

d7e6deb72e2bd4c50a13f77cbfbdce9b_s

セージはヨーロッパでは不老長寿の薬として珍重されてきた植物です。パンチのある香りは肉料理との相性がよく食用でもよく用いられています。

セージウォーターには落ち込んだ気分を元気にし、活力を与えてくれる効果があるほか、感染症に対して非常に強い抗感染力を発揮します。

そして、セージには女性ホルモンと似た成分が含まれており、月経前症候群や更年期障害など女性特有のトラブルにも対応できます。

刺激が強いセージは精油の場合、直接お肌につけることはできませんが、フローラルウォーターの場合はお肌につけることができますよ。セージはアンチエイジング効果がある植物としても注目されています!

セージウォーターの香りの特徴

セージはみずみずしい草の香りのなかに鼻をチクチクと刺すようなスパイシーで刺激のある香りが特徴です。フローラルウォーターの場合は刺激は精油に比べて控えめです。

セージウォーターの作用

〈心に対する作用〉

抱えていた不安や緊張を和らげ、明るく前向きな気持ちへと導いてくれるほか、頭をすっきりとクリアにし、集中力を高めて仕事や勉強の効率を高めてくれます。

〈体に対する作用〉

セージウォーターは風邪や感染症の予防に強い効果を発揮し、喉の痛みリンパの腫れなど肉体的な痛みへの鎮痛作用があります。

また、女性ホルモンに似た作用があるため、月経不順や更年期障害などの女性特有のトラブルの改善にも効果を発揮します。

〈お肌に対する作用〉

お肌のむくみを除去し、シワができやすくなるのを抑えてくれます。

そのほか、毛根に直接働きかけ、白髪や抜け毛が生えにくくしてくれます。

セージウォーターのオススメの使い方とその効果

〈お肌のエイジングケアに〉

刺激のある香りのため直接肌につけるのは躊躇してしまうセージですが、フローラルウォーターになると香りも成分も精油に比べてマイルドになります。

セージには肌へのアンチエイジング効果があるので、フローラルウォーターを使ったパックなどにして使用するのもおすすめです。

セージはメインで使うと刺激的ですので、他のフローラル系のものとうまく組み合わせて使うようにしましょう。ベースはネロリやラベンダーといったフローラル系でセージの量は加減して加えると良いでしょう。

お店などで売られているカオリンというパック用の粘土にラベンダーやネロリを10ml加えセージは1mlほど加えてよく混ぜたものを、お風呂あがりに目と口元をさけで5分ほどパックして水で洗い流します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。