フローラルウォーター紹介 〜ペパーミントウォーターの特徴・効能・効果〜

ペパーミントウォーターの効果や香りの特徴、オススメの使い方をご紹介致します。

スポンサーリンク

ペパーミントウォーターの特徴・効能

ed6d63055f5d9304b84c44e0a40cc23f_s

ペパーミントは古代ギリシャでは二日酔いの薬として愛用されていた植物です。すっきりとした刺激のある香りはガムや歯磨き粉などに利用され日本でもお馴染みの香りのひとつですよね。

ペパーミントは脳を覚醒させ頭をリフレッシュしてくれるとともに、集中力をアップさせてくれます。

ペパーミントウォーターは他にも、鎮痛作用や消化器系機能の改善、呼吸器系疾患の緩和など幅広い効果を持ち合わせています。

そして、お肌の冷却作用もあるため、夏場などは非常に重宝するウオーターの一つです。

ペパーミントウォーターの香りの特徴

みずみずしい若葉の香りの中に、ツンと突き抜けるような爽快で爽やかな香りが特徴。微かに辛味があります。

ペパーミントウォーターの作用

〈心に対する作用〉

すっきりとした爽快感のある香りが、気分をリフレッシュさせ清々しい気持ちにしてくれます。

〈体に対する作用〉

ペパーミントウォーターには鎮痛作用があり頭痛、偏頭痛、筋肉痛、生理痛などの体の痛みを和らげます。

また、二日酔いや車酔いなどの胸のむかつきや、消化不良による胃もたれの不快感の軽減にも役立ちますよ。

さらに去痰作用があり喉の痛みや不快感、鼻づまりなどの症状の改善にもピッタリのフローラルウォーターです。

〈お肌に対する作用〉

収れん作用があり、体の汗の量を調節し、体を冷やしてくれます。

そして、皮膚の炎症や抗菌作用にすぐれており日焼け後の肌のケアにも最適です。

ペパーミントウォーターのオススメの使い方とその効果

〈夏場のイヤな汗・脇のニオイケアに〉

多様な効果があることからとても使いやすいペパーミントウォーター。

特に夏場はスプレーボトルに携帯し、汗をかく部分にスプレーすると、ひんやりとした爽快感とともにデオドラント作用もあるため汗によっておきる嫌な臭いを予防することができます。

〈日焼けのほてりをケアしたい時に〉

また、日焼けでほてってしまった肌のケアにも効果的ですので、ペパーミントウォーターのスプレーを1本持っていれば夏場でも快適に過ごすことができますよ。

スプレーは部屋のフレグランスにも使用できるので非常に幅広い範囲で使用することができるのでおすすめです。

〈オーラルケアに〉

ペパーミントは初心者にも扱いやすく使用用途が広いのでとても便利なウォーターです。

水でペパーミントウォーターをを3倍ほどにうすめて、歯磨き後に口をゆすぐと歯肉炎の治癒と予防、口臭にも効果がありますよ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。