富山県のパワースポット「瑞龍寺」の魅力・ご利益をご紹介!

今回紹介するパワースポットは富山県高岡市内にある曹洞宗の名刹「瑞龍寺(ずいりゅうじ)」です。

スポンサーリンク

「瑞龍寺」ではどのようなご利益がいただける?

545ba6f0619de20d6efc18b7bac85595_s

この瑞龍寺には日本最大の「烏瑟沙摩明王(うすさまみょうおう)」の仏像が安置されています。

烏瑟沙摩明王は東司(お手洗い)を守護する存在とされ、古くから烏瑟沙摩明王の札をお手洗いに貼り、綺麗に掃除をすると病気平癒・安産・子孫繁栄などに利益があると言われていることから、瑞龍寺にも病気の治癒や安産を願う人々が多く訪れています。

また瑞龍寺は加賀前田家ゆかりの寺であることから加賀百二十万石と言われたその繁栄と財運にあやかることのできる開運スポットとして注目を集めつつあります。

「瑞龍寺」にまつわる歴史・伝説

231d054bdf37d099ee91cbcfa6777796_s

瑞龍寺は1594年、加賀藩2代藩主前田利長が織田信長・信忠らの追善のために金沢に創建した宝円寺(後に法円寺と改称)を前身としています。

法円寺はその後現在ある高岡の地に移されますが、1614年に利長が没した際、跡を継いだ3代藩主前田利常により利長の菩提寺とされ、寺名も利長の法名である「瑞龍院」に因んで瑞龍院と改められました(その後さらに改称され現在の瑞龍寺となります)。

その仏殿・法堂・山門は近世禅宗様建築の代表作とされ、1997年に富山県下では初の国宝に指定されています。また2016年現在も富山県の国宝はこの瑞龍寺ただ一つだけです。

「瑞龍寺」へのアクセス・住所

【住所】富山県高岡市関本町35
【電車】JR新高岡駅からは徒歩で約15分、あいの風とやま鉄道高岡駅からは徒歩で約10分ほどで到着します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。