埼玉のパワースポット「川越氷川神社」の魅力・ご利益をご紹介!

だいぶ、パワースポットの記事が続いておりますが、今日は恋愛系にピッタリのパワースポットをご紹介しますよ♡

スポンサーリンク

「川越氷川神社」について

今回ご紹介するのは蔵造りの街として知られる小江戸・川越にある「川越氷川神社」です。

川越氷川神社は2組の夫婦神と縁結びの神様がいらっしゃる、恋に効くパワースポットです。

「川越氷川神社」ではどのような御利益がいただける?


運命の相手とは赤い糸で結ばれているという言い伝えがありますが、この運命の赤い糸を手繰りよせる手助けをしてくれるのが、川越氷川神社の御利益です。

特に人気を集めているのが「縁結び玉」です。「境内の玉砂利を持ち帰り、大事にすると良縁に恵まれる」との言い伝えにちなんで、毎朝8時から限定20体の「縁結び玉」を配布してくれています。

そして、御利益を頂いて遂に運命の人に巡り合えたら、二人揃ってお参りをし、「縁結び玉」をお返しします。すると神社からふたりの縁が永く固く結ばれるように祈願した「結い紐のもと」を頂けます。

めでたく結婚に至り、川越氷川神社で結婚式を挙げる際にはこの「結い紐のもと」から「結い紐」を編み、「指輪交換」の代わりにお互いの左手小指に結び合います。

また、二人の間に赤ちゃんを授かった際には、初宮参りの日に再び「結い紐」を結び合って行くと「赤ちゃん結い紐」を頂けるという、なんともロマンチックな神社です。

「川越氷川神社」にまつわる歴史・伝説

39a3f23a68d8e80e79f3275cf77e68a4_s

川越氷川神社の主祭神は素盞嗚尊(スサノオノミコト)で、その妃神である(クシイナダヒメノミコト)の夫婦神様が祀られています。

また、奇稲田姫命の父母にあたる脚摩乳命(アシナヅチノミコト)と 手摩乳命(テナヅチノミコト)の夫婦神様。そして、素盞嗚尊と奇稲田姫命の子どもとも子孫ともされる、出雲大社の縁結びの神様である大己貴命(オオナムチノミコト)が祀られています。

まるでサザエさん一家のような三世代同居の神様たちで、夫婦円満・家族円満・恋愛成就の御利益が期待できそうです!

「川越氷川神社」へのアクセス・住所

【住所】 埼玉県川越市宮下町2-11-3
【電車・バス】 JR、東武東上線「川越駅」、西武新宿線「本川越駅」下車

東武バス1番乗り場 喜多町下車5分

東武バス7番乗り場 宮下町下車5分


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。