福岡のパワースポット「天開稲荷社」の魅力・ご利益をご紹介

本日は九州は福岡の太宰府天満宮の境内にある「天開稲荷社」をご紹介します。

スポンサーリンク

「天開稲荷社」とは?

学問の神様で有名な菅原道真が祀られている大宰府天満宮の境内は、いつも受験生で賑わいますが、その奥の静かな佇まいの中にあるのが「天開稲荷社」です。

「天開稲荷社」ではどんなご利益が頂ける?

画像出典:http://guide.travel.co.jp/article/2212/#photo3

画像出典:http://guide.travel.co.jp/article/2212/#photo3

その昔から稲穂に実る米は、命の源でもあり豊かさを象徴する富の証しでもありました。「天開稲荷社」は私たち人間にとって命の根源となる食物、中でも稲の成長を守る神様で五穀豊穣そして商売繁盛幸福をもたらしてくれることから「開運」のご利益を頂けるパワースポットとされています。

いくつもの鳥居を通る度に、幻想的な世界へ迷いこんだかのような神聖な空気に包まれていき、自然の中に映える赤い鳥居が美しい情景ですよ。

参拝の際には拝殿にある自分の干支の鈴を鳴らすと、ご利益を頂けると言われています。

また本殿の裏側にある奥の院(石堂)もパワーが宿るとされ、その落ち着いた空気からゆっくりと神様との時間を楽しめます。

「天開稲荷社」の歴史と伝説

天開稲荷社はその名の通り「天に道が開け、運気がぐんぐん上昇する」と言われており古くから広く信仰されてきました。

鎌倉時代の末頃に京都伏見稲荷大社の御分霊(宇迦之御魂大神うかのみたまのおおかみ)がお祀りされている九州最古のお稲荷さんとして親しまれています。

時間が止まったかと錯覚してしまうような静寂な雰囲気を味わえることも魅力のひとつです。

「天開稲荷社」へのアクセス・住所

住所 福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
電車 西鉄太宰府駅より徒歩5分
・九州自動車道「太宰府IC」から約6Km(約15分)

・都市高速道路2号線「水城IC」から6km (約15分)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。