愛媛のパワースポット「道後温泉本館 玉の石」の魅力・ご利益をご紹介

今回のパワースポット紹介では、愛媛県松山市の道後温泉本館の「玉の石」をご紹介します。3000年もの歴史を持つ日本最古の温泉は懐かしい温かみのある情景を持っていますよ。

スポンサーリンク

「道後温泉本館玉の石」ではどんなご利益が頂ける?

画像出典:https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/kankomeisho/dogoonsen/honkan/gaikan.html

画像出典:https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/kankomeisho/dogoonsen/honkan/gaikan.html

道後温泉本館は、坊ちゃん湯の名前でも親しまれ夏目漱石の「坊っちゃん」や「千と千尋の神隠し」のモデルになった場所としても有名です。

道後温泉本館は共同浴場で、建物北側に「玉の石」という丸い石が奉られています。

この石に願いを込めながら、長い柄杓で御湯を掛けると神様に願いが通じて叶うとされています。頂けるご利益は、「病気平癒」「縁結び」「商売繁盛」です。

また振鷺閣からは太鼓が刻を告げる「刻太鼓」も広く知られており、町中に響き渡る迫力のある音を楽しむ事も出来ます。また建物は国の重要文化財にも指定されている明治建築で、道後温泉の象徴的な存在にもなっています。

「道後温泉本館玉の石」の歴史と伝説

画像出典:https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/kankomeisho/dogoonsen/honkan/gaikan.html

画像出典:https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/kankomeisho/dogoonsen/honkan/gaikan.html

道後温泉は「日本書紀」「万葉期」「源氏物語」にも登場し日本最古の湯とも称されています。

その昔、大国主命と少彦名命が国づくりのための旅の道中で、少彦名命が急病を患ったが道後温泉で休息をとったところ、すぐに体調が回復し元気になり石の上で踊り出したと伝えられ、この石が人々の願いを叶える「玉の石」と語り継がれています。

また、「坊っちゃん」の舞台としても知られ夏目漱石、正岡子規、高浜虚子をはじめとする文豪ゆかりの地でもあります。

「道後温泉本館玉の石」へのアクセス・住所

住所 愛媛県松山市道後湯之町5-6 道後温泉本館内
電車 JR松山駅から伊予鉄道道後温泉行きで19分 道後温泉駅下車 徒歩5分
松山道・川之江から松山を経て道後温泉 約1時間40分


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。