青森のパワースポット「恐山」の魅力・ご利益をご紹介!

今回は青森県にある「恐山」(おそれざん、おそれやま)を紹介します。日本三大霊場の1つで、強いパワーが宿っているとされています。

スポンサーリンク

「恐山」ではどのようなご利益がいただける?

1380c02b8d703e7a159a5b762663f8ea_s

「恐山」は宇曽利湖(うそりこ)を中心とした外輪山の総称であり、道途中にある湧水は体を清めることができ、若返りのご利益があると言われています。

この「宇曽利山湖」を眺めると、その美しさから、悲しい想いを断ち切ることができると言われています。

また、「恐山」には曹洞宗のお寺や、温泉があります。

イタコの口寄せが行われる場所としても有名で、パワースポットの中でも霊的にとても強いパワースポットなので、ふざけた気持ちで訪れないほうがいいでしょう。

ただしその分、故人を思い出し、死について深く考えさせられる場所とも言えるでしょう。

「恐山」にまつわる歴史・伝説

ead8a87f9bb0150f0bbbac80551deb97_s

比叡山、高野山と並ぶ日本三大霊場の1つとされている「恐山」ですが、昔は「宇曽利山」(うそりやま)と呼ばれており、それが訛って「恐山」(おそれやま)と呼ばれるようになった経緯があるそうです。

古くから死者への供養の場として知られるが、奥州藤原氏の隠し金山であったとも噂されています。エネルギーがとても強い反面、悪いものも引き寄せるともいわれています。軽い気持ちで入山すると呪われるという噂もある、身が引き締まるパワースポットです。

「恐山」へのアクセス・住所

住所 青森県むつ市田名部字宇曽利山3-2
電車 JR大湊線 下北駅より下北交通バス恐山行きで40分 終点下車 徒歩すぐ
JR大湊駅より車で約30分


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。