山形のパワースポット「玉簾の滝」の魅力・ご利益をご紹介!

今回は、山形県の酒田市にあるパワースポット「玉簾の滝」(たますだれのたき)をご紹介します。春と夏にライトアップされるので、県内外から大勢の人が訪れる人気のパワースポットです。

スポンサーリンク

「玉簾の滝」ではどのようなご利益がいただける?

6f761711cd6c9d9e4a2327bf1bc254d7_s

「玉簾の滝」は落差63m・幅5mもあるので、水の勢いが強く、エネルギーもとても強いです。そして「玉簾の滝」は昔は修行場として使われていたので、心身を浄化するパワーがあるとされています。

落差が63mもあるので直瀑の滝(落ち口から滝壷まで一気に落下する滝)としては、山形県内で一番の高さを誇る滝だと言われています。

また、ゴールデンウィークとお盆にライトアップされて、駐車場やトイレ、地元の山菜や野菜などの産地直売所も整備されているので、景観地としても人が集まっているようです。人が集まることにより、更にエネルギーが高まる好循環が生まれているようですよ。

「玉簾の滝」にまつわる歴史・伝説

4225b31b4b399b719a7174d34e3106f7_s

「玉簾の滝」はおよそ1200年前に、弘法大師が神のお告げで発見して命名したとされています。大聖不動明王の鎮座する霊地を求めて日向川をさかのぼっていた時に発見したと言い伝えられているそうです。

名前の由来としては、滝の中腹に大聖不動明王の石像があって、そこから流れ落ちる水が玉の簾の様であったことから付けられたようです。

滝を眺めているとなんと観音様が見えるとも言われています! 

「玉簾の滝」へのアクセス・住所

住所 山形県酒田市升田字大森
電車 JR酒田駅から車で約40分
山形自動車道「酒田みなと」ICから車で約30分


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。