石川のパワースポット「金剱宮」の魅力・ご利益をご紹介!

今回は石川県にある「金剱宮(きんけんぐう)」を紹介します。この神社は知る人ぞ知るパワースポットで、経営者や財界人が数多く訪れていますよ。

スポンサーリンク

「金剱宮」ではどのようなご利益がいただける?

画像出典:http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=5216

画像出典:http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=5216

「金剱宮」は書いて字のごとく、金運にご利益があるとされているパワースポットです。金の(つるぎ)という名前もとてもかっこよく、更に効果が感じれそうですね。

投資家や経営者は勿論のこと、中には船井総研の創業者である船井幸雄氏が参拝していたという話も残っています。特別な大きい仕事などをする前に訪れていたようですよ。

「金剱宮」は白山七社の中の一つであり、そのうち近隣にある白山本宮(白山比咩神社)と三宮・岩本と同じ本宮四社の一つとされています。周囲の環境を守る役割もあるとされています。秋の祭は、ほうらい祭りと呼ばれています。

「金剱宮」にまつわる歴史・伝説

祭神である主祭神は瓊々杵尊であり、創建は崇神天皇3年とされています。歴史の深い神社であり、近年では平成7年(1995年)に二千八十年祭、平成17年(2005年)には二千百年祭がそれぞれ行われていますよ。

「金劔宮」と呼ばれるようになったのは近世で、以前は「劔宮」や「劔神社」などと呼ばれていたようです。「鶴来」というこの辺りの地名も由来とされていますよ。

「金剱宮」へのアクセス・住所

住所 石川県白山市鶴来日詰町巳118-5
交通 北陸鉄道鶴来駅から徒歩10分


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。