香川県坂出市にあるパワースポット「八十蘇場の清水」の魅力・ご利益をご紹介

今回ご紹介するパワースポットは、香川県坂出市にある「八十蘇場の清水(やそばのしみず)」です。

すぐ近くには、四国八十八箇所番外札所の弥蘇場地蔵堂がありますよ。

スポンサーリンク

八十蘇場の清水ではどんなご利益が頂ける?

be95e8c99b4d0430ea03dcf0a86968ac_s

八十蘇場の清水で頂けるご利益は、「蘇り」です。なんとも不思議な2つのエピソードが残っているんですよ。

1つ目の歴史は大変古く、第12代景行天皇の時代に遡ります。

悪魚退治に行った讃留霊皇子(さるれおうじ)と88人の仲間が悪魚の毒に苦しむ事態が発生した際にこの泉の水を飲ませた所、すぐさま元気を取り戻したとされています。

2つ目は平安時代末期に、保元の乱で敗れた崇徳上皇がこの地で崩御された際、この泉にご遺体を浸したところ20日あまりの間、全く腐敗しなかったと伝えられています。

そのことから心身共に元気になりたい方やリフレッシュしたい方、そして若さを維持したい方におすすめのパワースポットです。

八十蘇場の清水の歴史と伝説

真言宗の開祖である空海こと弘法大師が、この地を訪れ十一面観音、阿弥陀如来、愛染明王の仏堂を建て安置し、そして薬師如来を刻んで仏さまにお供えする閼伽の井戸としたという言い伝えが残されており、またこの仏堂が四国八十八箇所七十九番札所天皇寺の前身であると言われています。

干ばつでも、涸れることのない神秘的な泉で古くから地元では「やそばの水はドンドン落ちる つるべでくんで ヤッコでかやせ」
と歌い継がれています。

八十蘇場の清水へのアクセス・住所

住所 香川県坂出市西庄町1635番地4
電車 JR予讃線 八十場駅より徒歩約7分
高松自動車道坂出JCTより県道189号線を経由して約15分


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。