京都の絶景スポット「南禅寺」に癒やされる!特徴・見頃・アクセスをご案内!

8a87daee205636ac2eb29b68669011f8_s

京都市左京区にある「南禅寺」と言えば、「絶景かな絶景かな」で知られる石川五右衛門の名ゼリフでも有名です。
こちらは室町時代に亀山法皇の離宮として創建された歴史あるお寺です。

スポンサーリンク

「南禅寺」の特徴・見頃

8eb2da9c279e708f9356017a82181299_s

京都市左京区にある南禅寺は、臨済宗南禅寺派の大本山です。

日本で最初の勅願寺として、今もなお最も格式の高い禅寺となっています。

重要文化財に指定されている建造物も多くあるなかで、三門水路閣は見逃すことができません。

三門の高さは22mもあり、その光景は京都の市街地を一望できることから、”歌舞伎楼門五三桐”の石川五右衛門の名シーンにも登場します。

そして赤レンガ作りの水路閣は、ドラマのロケ地としてもお馴染みの場所で、明治建築のレトロな趣ある景観を楽しむことができます。

また小方丈庭園では、和の佇まいを存分に堪能できる心が落ち着く光景が観られますよ。

「南禅寺」のベストシーズンは春と秋

4ce933cccca1bb755efa0db5a3387aea_s

南禅寺のベストシーズンは、桜が咲き誇る春と鮮やかな紅葉を楽しめる秋です。

春のお花見の季節には、しだれ桜・染井吉野・八重桜と数種類の桜が少しずつ時期をずらして咲き、見頃を迎えるために、長い間楽しむことができるのも南禅寺の桜の美しさです。

そして秋には紅葉により広い境内が色鮮やかに移ろいます。

水路閣の紅葉は絶景スポットとして人気が高く、秋の晴れわたる空と色づいた木々に赤レンガのコントラストは、モダンな風景を楽しむことができますよ。

また天授庵からライトアップされた庭園を眺めた景観は、額縁に入った絵画を見ているような色彩豊かな光景を楽しめます。

「南禅寺」への住所・アクセス・駐車場

住所 京都府京都市左京区南禅寺福地町
アクセス 京都東ICより約6km
定休日 12月28日〜31日 一般拝観不可
駐車場 50台


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。