自分の星座を見に行こう!「魚座」の性格・歴史・見える方角

今回は、「魚座」生まれの方の性格の特徴から、牡牛座自体の歴史やその星座の見方をご紹介いたします!

スポンサーリンク

魚座の方の性格

5a5e327b4e881f35727587b50224d2ad_s

感性の豊かなロマンチスト、魚座の方の性格は複雑で多様、また創造的で直観力に優れています。

人の心を読み取るのがうまく、気遣いもあります。

他人の不幸を放っておけず、自分が困ってでも助けようとします。

他人から見てわかりにくいのは、喜怒哀楽は激しい方ですが感情を表に出すことが少ないからです。

そして責任のある立場は苦手。自分を否定的にとらえる傾向もあるので神経質で消極的にみられます。

自分よりも他人を思いやる優しさ、現実社会では他人に利用されることもあるので要注意ですよ。

魚座の歴史・神話

魚座の神話は愛の女神アフロディーテとその子エロスの物語です。

神々がナイル川のほとりで酒宴を開いていました。アフロディーテとエロスもその中に加わり、川のほとりを歩いていました。

そこに怪物テュフォンが現れたのです。

ゼウスでさえ手を焼く大怪物を恐れた神々は逃げ出し、アフロディーテとエロスも魚となって川に逃げ込みました。

この時、親子が離れ離れにならないようにリボンで互いを結んで逃げたといいます。

この姿をリボンで結ばれた2匹の魚として夜空に描いたのが魚座です。

リボンは親子の愛の証なのでしょう。

魚座が見える方角

画像はイメージです

画像はイメージです

魚座は10月から1月頃の夜空に姿を見せます。

しかし、魚座は3等星以上の星がひとつもない、12星座の中でも一番暗く、見つけにくい星座です。

魚座を探すためにはまず、秋の星座の代表「ペガサス座」を見つけましょう。

ペガサス座の四角形の南と東に暗い星が丸く並んでいるのが2匹の魚です。

これを結ぶリボンのほうが見つけやすいかもしれません…。

11月15日から12月15日頃の南の高い空に魚座は見えます。

天の川も見られるくらいの暗い空であれば見つけられますよ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。