ハーブ紹介 〜ペパーミントの特徴・効能・効果〜

ペパーミントの効果や香りの特徴、オススメの使い方、相性の良いハーブをご紹介致します。

ペパーミント〈Pepprmint〉の特徴・効能

ed6d63055f5d9304b84c44e0a40cc23f_s

ハーブの中でも最もメジャーなものの1つがこのペパーミントです。爽やかな香りが人気で、お茶やお料理以外にも、お菓子や歯磨き粉などにも使われています。

ミントには多くの種類がありますが、ペパーミントは特に強い香りをもち、様々な作用が期待できます。

例えば、眠気覚ましや頭のリフレッシュに最適なハーブになっており、寝起きや仕事・勉強の合間にピッタリのハーブです。

また、胃壁を刺激する健胃作用、腸のガスを減らすことによる消化促進作用がありますので、胃腸の痛みを緩和してくれます。

その他、殺菌作用にも期待ができます。







ペパーミントハーブの味と香りの特徴

清涼感が強く、さっぱり爽やかな香り・味になっています。

ペパーミントハーブのオススメの使い方とその効果

ドライハーブとして

ペパーミントの葉を乾燥させたものはお茶にすると、さっぱりとした口当たりになり、脂っこいお食事の後に飲めば、口の中をスッキリとさせることができます。これと同時に気持ちを鎮めてリフレッシュすることもできますよ。

胃腸が重苦しい時も、ペパーミントティーを飲むことで、その痛みを緩和することができます。

そして、ハーブティースとしてだけではなく、乾燥させたペパーミントの葉をポプリやサシェにすると、お部屋の殺菌・防虫として利用することもできます。

フレッシュハーブとして

新鮮な生の葉を使い、ミントティーにすると、より爽やかでフレッシュな風味が楽しめます。

また、ペパーミントはお料理などにもよく使われています。そのままサラダの飾りにしてみたり、砂糖漬けにして楽しめますよ。



相性の良いブレンド相手

ペパーミントのハーブと相性の良い他のハーブは以下になります。

・ローズマリー

・タイム

・レモングラス

・レモンバーム

・レモンバーベナ

・セージ

・ラベンダー

・カモミール

・ジンジャー

など、多くのハーブとブレンドして楽しむことができるハーブになっています。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする