アロマオイル紹介 〜ラベンダーの特徴・効能・効果〜

オススメのアロマオイル(精油)の紹介をいたします!

ラベンダー 〈Lavender〉

a0960_006626_m

このアロマオイルは、ラベンダーの花と葉から抽出されて作られています。

ラベンダーはシソ科のハーブになります。

ラベンダーと言えば、有名なアロマオイルの代表格ですよね?

アロマテラピーに使用されるだけではなく、様々な場面でこの香りが使われています。

ラベンダーは古くから多くの人に愛されている香りで、

なんとローマ時代には、すでに沐浴などでラベンダーのハーブが利用されていたり、

洗濯の際に香りをつけるのに利用していたそうです!

このように歴史もある、正統派の香りと言えば、ラベンダーが一番に挙がるでしょう。




★ラベンダーの香りの特徴

フレッシュで、フローラル系の香りです。

実は、ラベンダーのアロマオイルには、4つの種類があるってご存知でしたか?

・真正ラベンダー

・スパイクラベンダー

・ラベンダーストエカス

・ラバンジン

この4種類です。

ラベンダーには様々な種類があり、それぞれから抽出した香りは、

それぞれの香りがあります。

一般的には真正ラベンダーが一番良い香りとされています。

★ラベンダーの作用

ラベンダーには大きくわけて4つの作用があります。

①緊張している心身をリラックスさせる作用

②寝つきを良くする作用

③身体のリズム・乱れた自律神経のバランスを整える作用

④皮膚の修復作用

★ラベンダーのオススメの使い方

一番有名なラベンダーの作用は「寝つきを良くする」でしょう。

そのため、寝室にアロマランプで香らせたり、

寝る前のバスタイムに、お湯に数滴垂らして入浴する全身浴法もオススメできます。

また、ラベンダーの作用は穏やかなものですので、

お子さまにも使えるアロマオイルとされています。

基本的に、アロマオイルは直接お肌への散布はNGとされていますが、

ラベンダーは数少ない、お肌への散布がOKのアロマオイルになります。

そのため、お仕事中にリラックスしたい、考え事をまとめたいといったときに、

ごく少量のラベンダーアロマオイルを手の甲やこめかみに付けてみるのも効果的です。

ただし、お肌に散布できる量はごく少量に限りますのでご注意ください!

また、必ずパッチテストを行うこともお忘れなく。






★相性の良いアロマオイル

ラベンダーと相性の良いアロマオイルは、

柑橘系のアロマオイル全般

・カモミール・ローマン

・カモミール・ジャーマン

クラリセージ

ゼラニウム

・マージョラム・スイート

などが挙げられます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする